声優を目指す人には幼い時から特徴を持っているものです

話すことが好きな人です

声優は洋画の吹き替えやアニメの場合は、画面を見ながら話すことになります。しかし、ラジオドラマなどの仕事もあります。この場合は画面を見ながら話す必要がないので、声優の持つ本質を出すことができます。吹き替えなどとは違うので、遣り甲斐も違ってきます。台本はありますが、ラジオを聞いている人は声だけが頼りなので、言葉が続かなければドラマになりません。基本的に話しをすることが好きな人で、機転を利かして話し続けられる人でなければ、仕事にならないといえます。

声に自信をもっています

声優の仕事は、声によって俳優のように演技をおこなうものです。アニメで登場人物に合わせて声を録音したり、外国映画であれば、日本語の声の吹き替えなどを行います。俳優と大きく違うのは、舞台やロケ現場ではなく、スタジオ内でマイクを前にして声を発しなければなりません。登場人物の動きや表情を頭に描いて、出来る限りその人物に近い存在になりきる必要があります。声だけで演じるのですから、声優を目指す人の条件の一つに声に自信がある人となります。

小さなころからアニメや映画を良く見ています

声優になるには特別な資格は必要ありません。誰でもが出来るのですが、やはり特別な能力を持つ人でなければ出来るものではありません。基本的に、子どものころからアニメや映画を良く見ている人です。そうして、登場人物の物まねを人前で行い拍手喝采を受けている人が多いのです。「好きこそものの上手なれ」といわれますが、これも能力の一つといえます。映像の世界が好きな人が、声優を養成する専門学校に入り、そこで基本的なことを学ぶ人が多いのです。

声優の養成所では発声練習や演技の勉強はもちろんのこと、実際にスタジオを使ってアフレコを実践することもあります。