j リートってどこで買える?普通の不動産との違いは?

複数に投資をして損益を分散

不動産に投資をするとき、アパートやマンションに行うこともあれば、大きなマンション、土地などに行うこともあります。資産家であれば同時に複数に投資をすることもできますが、それほど資産がなければそれほど多くに投資はできません。もし少ない投資先に損が発生すると、資産全体に大きく影響します。j リートのファンドは、日本の不動産に投資をする投資信託です。分散して投資されるので、一つに損が出たとしても、他の利益で相殺されることもあります。

証券取引所に上場されている

投資信託を購入する方法として、金融機関から銘柄を指定して購入することがあります。金融機関の売買手数料などが差し引かれ、基準価格も前日の価格が適用されます。j リートのファンドは、日本の不動産に対して投資をする投資信託です。実はこの商品は、一般的な投資信託とは少し異なり、株式などと同じように購入をします。上場されているので、証券会社でしか購入できません。手数料などは低くなっているので、割安に投資をすることができます。

いろんなテーマに沿った商品を選べる

不動産には、住宅などのマンションもあれば、オフィスビル、倉庫、工場などがあります。多くの会社では賃貸で建物などを利用しているため、その不動産を所有すれば賃料収入が得られます。うまく運用することで、収益を上げることができます。j リートのファンドは、日本の不動産を対象とした投資信託です。上場されているので、株価情報と同じように価格を見ることができ、内容も知ることができます。マンションに投資しているものもあれば、オフィスに投資しているものもありますよ。

j リートのファンドは、基本的に証券取引所に上場しているjリートが投資先です。不動産が投資対象であり、運用担当者が銘柄の選定、数量、タイミングを決めているので高い利益をだすことも可能です。